浮気・不倫問題は自分に合った弁護士を選んで依頼しよう

弁護士に不倫の相談

パートナーの不倫問題が明らかになった場合どうするべきでしょうか?

周囲にはなかなか相談できませんよね。

そんな時に相談相手や力強い味方になってくれるのは弁護士です。

弁護士に依頼するメリット

パートナーの浮気や不倫が分かった時に、弁護士に依頼することによりどのようなメリットがあるのでしょうか。

交渉を行ってくれる

パートナーとの浮気や不倫の問題を解決を弁護士に依頼した場合、相手との交渉を弁護士が中心となって行ってくれます。

特に専門の弁護士の場合には、浮気や不倫といった問題を何度も解決してきているプロです。
何度も交渉も行ってきているため、自分で行うよりも求めているのに近い結果を得やすいです。

弁護士といえば裁判の印象が強いかも知れませんが、示談などの話し合いの場合にも力になってくれます。
浮気や不倫をしたパートナーやそのパートナーの不倫相手なども少しでも自分のダメージを減らすために弁護士に依頼することもあります。

そういった場合には、交渉相手が弁護士になってきてしまいます。
その場合には自分で交渉しようとすると、どうしても知識や経験で劣ってしまいます。

この交渉では相手側の弁護士も依頼料を受け取ったりして臨むことになるので、仕事をしなければなりません。
そういった場合のことも含めて、弁護士に依頼するとよいでしょう。

精神的な負担が減る

場合にもよりますが、事前に弁護士との間で交渉の方向性や目指す結果を相談しておくことで、
当事者同士は顔を合わさずに弁護士が交渉を行ってくれる場合もあります。

このような場合には、お互いの予定を合わす手間も省けるようになるので、早期解決できる場合もあります。
また、相手側と顔を合わせる必要がないので、相手に会うことによる精神的な負担も軽減することができます。

書類を作成してくれる

不倫の問題で裁判や示談をしたりする際には、多くの書類が必要になってきます。

これらの書類作成を弁護士は代理で行う権限を持っているのです。
そのため、自分では作り方がわからない書類なども弁護士が代わりに作ってくれ、自分はサインや印鑑のみで良い状態にしてくれます。

そのため、作成や必要書類の準備のミスといったものもなくなります。

他の法律専門家よりできることが多い

浮気や不倫の問題を解決するには、法的な知識が必要です。

また、場合によっては慰謝料なども関わってきます。
これらのことをすべてサポートできるのは、法の専門家の中でも弁護士だけなのです。

他の方の専門家としては、司法書士や行政書士といったものがあります。
ですが、慰謝料などが関わってくる場合、これらの職業には業務上制限がついています。

行政書士に関しては、不倫や慰謝料トラブルの際に書類の代筆しか認めておらず、相談を受けたり交渉に臨むことは制限されています。
また、司法書士の場合には、書類の代筆はどんな場合にも行えます。

ですが、法律相談を受ける、交渉や調停、訴訟の代理に関しては法務大臣の認定を受けていて、かつ慰謝料請求額が140万円以下である必要があります。
それぞれができることをまとめると以下のようになります。

書類の代筆 法律相談 交渉の代理 調停・訴訟の代理
弁護士
司法書士
行政書士 × × × ×

弁護士に依頼するデメリット

不倫などの問題解決の際に弁護士に相談した場合に知っておいてほしいデメリットを紹介します。

相談料や依頼料がかかる

弁護士に相談したり、依頼したりする場合には、当然ですが料金が発生します。

特に本格的に依頼になった場合には、着手金や報酬が必要になってきます。
報酬に関しては得られた慰謝料の何%といった形になりますが、着手金に関しては決まっている場合が多いです。

目安としては、着手金は20万~30万円、報酬は獲得した慰謝料の10~20%程度になります。
あくまで目安ですのでこれよりも高かったり安かったりすることもあります。

これらの費用はホームページなどで掲載されていることもあるので事前に調べてみるとよいでしょう。
また、相談料に関しては初回は無料といったところから、相談は毎回無料といったところまで様々あります。

目安としては1時間につき5,000円~10,000円程度です。

相談する時間を作る必要がある

弁護士事務所によっては土日が休みという場合もあります。

また、営業時間も決まっています。
そのため、弁護士への相談を行うために仕事を休んで時間を作らなければならない可能性もあります。

特に長期化してしまった場合には、その分弁護士との相談回数も多くなり、休む回数も多くなってしまいます。

弁護士の選び方

探偵事務所に証拠集めを依頼したりした場合には、弁護士を紹介したりしてもらえることもありますが、そうでない場合には自分で弁護士を選ぶ必要があります。

ここでは弁護士を選ぶ際に参考にしてほしいポイントを紹介します。

実績があること

一番大切なのは、不倫問題に強い弁護士を選ぶことです。

そのために判断基準となるのは、どれだけの実績を持っているかということです。
弁護士によって得意分野は様々です。不倫問題に強い人もいれば、企業などの問題に強いという人もいます。

企業関係に強いという人に不倫問題を頼むことはできますが、当然不倫問題に強いという人の方が経験が多くあります。
そのため、いろいろなパターンに対応でき、不測の事態にも対応してくれるでしょう。

また、もらえる慰謝料の額なども変わってくる可能性もあります。
そのため、できる限り不倫問題を専門としている弁護士に依頼するのが良いでしょう。

人間性が合っているか

弁護士に依頼する前にはその弁護士相手に相談することになります。

そこで自分を担当してくれる弁護士の人間性が自分に合っているか確認しましょう。
弁護士によっては、とにかく問題解決を重視する人や、親身になってくれて、精神的にも支えてくれる人などさまざまな人がいます。

一度契約した場合、簡単に別の人に変えるということもできませんし、問題解決まで力になってくれる力強い味方の存在です。
ですので、自分の精神状態などを考慮して弁護士を選ぶのも大切です。

人気の弁護士は忙しい事も

ネットなどで調べて、有名だからこの人に依頼しよう、といったこともあるかもしれません。

ですが、有名な弁護士はそれだけ人気で、他の案件も抱えているという可能性があります。
そのような場合にはなかなか相談する時間が取れなかったり、別の案件の方が優先度が高く後回しになってしまうといったこともあります。

そのため、有名で実績があるだろうから早く問題解決するというわけではなく、逆に時間がかかってしまう場合もあります。

料金について

弁護士に依頼する場合には当然料金がかかってきます。

これは弁護士ごとというよりも事務所ごとに異なります。
どこの場合も報酬は得られた慰謝料から支払うことになりますが、その割合が異なったり、着手金や相談料が異なります。

実績のある弁護士に依頼できたが借金してしまったりしてはいけません。
そのため、自分が出せる金額も踏まえて弁護士事務所を選びましょう。

弁護士会を利用する

自分ではどの弁護士にすればよいかわからない場合には、弁護士会が定期的に行っている法律相談を利用して、弁護士を紹介してもらうということも可能です。
この相談にかかる費用は弁護士会によって異なってきます。

法テラスを利用する

法テラスは別名日本司法支援センターともいいます。

国によって設立されていて、法的なトラブルを解決するための総合相談所になっています。
相談することでその内容に合った弁護士や機関を紹介してもらうことができます。

この際に相談を受けてくれる弁護士は選ぶことができず、不倫問題に強い弁護士であるとは限らないので注意が必要です。

弁護士への相談費用や依頼料が準備できない場合は、いくつかの条件を満たしていないといけませんが、相談が3回まで無料でできたり、弁護士への依頼料を立て替えを受けることができる場合もあります。

まとめ

パートナーの不倫問題の際には解決のために裁判や示談といった普段の生活ではしないようなことをしなければいけません。

そんな時に力強い味方になってくれるのが弁護士です。
弁護士は法律問題に関するプロです。

不倫問題を確実に解決するためには法も関わってきます。
そのため、不安な場合には積極的に頼るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました