浮気による慰謝料請求をするなら、相場や時効を知っておこう

浮気による慰謝料請求

浮気された場合、浮気した配偶者と、浮気相手に慰謝料を請求することができます。

慰謝料には明確な金額が定められていませんが、相場となる金額があります。
またこの慰謝料請求には時効も存在します。

もし配偶者に浮気をされているなら、ぜひ、この記事をチェックしてみてください。

浮気によって請求できる、「慰謝料」とは何か

ニュースなどでも聞くことのある、浮気や不倫に対する「慰謝料」。

この慰謝料とは、不法行為に対する損害賠償請求として、

・浮気をしていた配偶者
・浮気相手

の両方に請求することがでいます。

分かりやすくいうと、
「浮気していた配偶者と、その相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金」
ということになります。

稀に「女性がもらえるお金」と勘違いしているかたがいるようですが、そうではありません。
支払いをしなければならないのは、性別に関わらず「浮気をした側」となります。

慰謝料の金額は決まっていない

慰謝料として受け取れる金額はケースバイケースです。

はっきりと金額が決まっていません。
ただし、過去の判例を元とした、「相場」となる金額はあります。

・婚姻関係を継続する場合 50万~100万
・浮気によって別居した場合 100~200万
・浮気によって離婚した場合 200~300万

これはあくまでも裁判になった場合の相場となります。

そのため。示談で解決する場合は金額が違ってくることがあります。
また、浮気の内容や、婚姻関係の状態に応じて増減されることがあります。

増減に関わってくる項目には以下のようなものがあります。

・婚姻期間(長ければ慰謝料が高額になる場合がある)
・浮気が発覚する前の婚姻生活(浮気により家庭が崩壊した場合、高額になる場合がある)
・浮気の期間や頻度(1度だけの浮気より、長期間の浮気は高額になる場合がある)
・浮気相手の妊娠や出産(浮気相手と子供がいる場合、高額になる場合がある)
・配偶者や浮気相手の収入や資産(浮気をした側が高収入の場合、高額になる場合がある)
・内容の悪質さ
・謝罪や社会的制裁の有無

このほかにも、さまざまな理由で、慰謝料は増減されます。

浮気の内容にもよりますが、たとえば、
「結婚したばかりのときに、1度だけの浮気をした」
というような場合、それほど高額にならない可能性がある、と考えられます。

浮気による慰謝料請求には時効がある

浮気が発覚しても、すぐにどうするかを決めるのは難しいでしょう。

「婚姻関係を継続するか」
「離婚するのか」

を考えるのは、精神的にも疲れるものです。

特に子供がいる場合は、簡単に結論が出るわけではありません。
その後の生活まで考える必要があるのですから、難しいことですよね。

しかし、浮気による慰謝料の請求には時効があります。
これは「浮気の事実を知った日から3年」となります。
そのため、慰謝料を請求する場合は、この期間内に請求しなくてはなりません。

浮気による慰謝料を請求するために必要なもの

慰謝料を請求するためには、浮気が確かである必要があります。

つまり、浮気の証拠が必要となります。
一般的に、浮気の証拠として認められるのは、

・浮気していることが分かる写真
・動画
・メールのやり取り
・ホテルなどの領収書
・本人が浮気を認めている内容の録音

などとなっています。

この証拠がなければ、配偶者も相手も、簡単には浮気を認めないことでしょう。

そのため、慰謝料を請求するには、証拠を抑える必要があります。
証拠を抑えるためには、必要に応じ、探偵事務所などを利用するのも良いでしょう。

浮気相手に慰謝料を請求する場合は相手の情報が必要

配偶者については、いうまでもなく個人情報は把握していますよね。

しかし、浮気相手に慰謝料を請求する場合は、浮気相手の、

・住所
・氏名
・勤務先

などの情報も必要となります。

ところがこれは、なかなか難しいものです。
浮気相手が知人であった場合などは別ですが、どうやって調べたら良いか分からないものです。

しかし、探偵事務所を利用する場合は、これらについても入手してもらうことが可能です。

まとめ

浮気による心の傷は

浮気による、心の傷は、お金で癒えるものではありません。

金額が大きかったとしても、つらい気持ちは消えることがないでしょう。
信頼していた相手に裏切られるのは、壮絶につらいものです。

そんな中で、冷静に慰謝料について考える余裕はないかもしれません。
しかしお金は大事です。
離婚する場合は特に、お金の有無は、その後の生活に関わってくるからです。

また、再構築する場合であっても、慰謝料の請求は、「配偶者や相手への制裁」として有効な手段です。
法律で認められている権利ですから、気にせず請求して構わないでしょう。

ただし前述の通り、金額などはケースバイケースです。
夫婦間だけで話し合った場合、うやむやにされてしまうこともあります。

そのため慰謝料請求を考えるなら、浮気を把握した段階で、弁護士などへ相談すると良いでしょう。
専門家の助言を受けながら冷静に、不利にならないよう対応することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました