浮気を素直に自白させるには?そのスムーズな方法と手順を紹介

浮気を素直に自白させる

最近、どうも相手が浮気しているような気がする…。

そう思ってはいても、なかなか相手から自白させることは難しいものですよね。

あまりしつこく問い詰めていると、かえって逆ギレしたり、かたくなな態度になったりして、話がこじれてしまうケースもよくあります。

では、いったいどうすればうまく浮気の事実を引き出すことができるのでしょうか。

浮気を自白させるにはまず証拠集めから

ただ怪しい気がするというだけでは、浮気を自白させることはまずできません。

とにかく、知らない、身におぼえがないと白さえ切っていれば、それ以上は開きなおれてしまうからです。
逆に、認めたら終わりだと考えているので、自白だけは絶対にしないと考えてもいいでしょう。

そこでまず最初に行っておきたいのが、自白させるための証拠集めです。

状況証拠を集める

浮気が疑わしいときは、まずそれを裏付ける証拠をチェックしましょう。

たとえば、異性との電話やメール、使い道の分からない明細書やレシートなども証拠となります。

ただし、状況証拠はあくまで補強材料にすぎません。
それだけでは、いくらでも言い訳ができてしまうので、この時点で問い詰めることはまだ避けておきましょう。

決定的証拠を固める

裁判上では、二人のあいだに肉体関係があったことを示さなければ浮気と認められません。

たとえば、浮気相手の家やラブホテル、旅館などに二人で出入りする場面を撮った写真があれば、決定的証拠となります。

ただし、いくら二人きりでも、それがレストランや居酒屋であれば状況証拠にしかなりません。
また、一回きりでは相談に乗っただけ、あるいは酔っていたところを介抱しただけ、などと言い逃れされることもあります。

写真も、できるだけ複数回にわたって用意しておきましょう。
ほかにも、ホテルのレシートや肉体関係をあきらかにしているメールなども、浮気の確実な証拠となります。

自白のための証拠はどうやって集める?

浮気を自白をさせるには、状況証拠や決定的証拠を押さえることが必要です。

証拠もないまま浮気を問いただそうとすると、かえって相手が証拠を隠したり消したりしようとするので注意してください。
それでは、具体的な証拠の集め方について見ていきましょう。

アリバイを調べる

浮気をするときは、さまざまな口実をつけて相手と会うものです。

特に、会社の出張や飲み会などの用事を理由とするパターンが多くなります。
疑わしいときは、その日に尾行したり、会社に電話で確認したりすることで、意外と簡単にアリバイを崩せます。

うまくいけば、密会の現場を写真でおさえることもできるでしょう。
ただし、会社の人間から伝わってしまう可能性もあるので、相手に知られないように十分注意して行いましょう。

基本的に素人では難しいので、この点についてはプロの探偵事務所に依頼するのがおすすめです。

PCやスマホを調べる

浮気相手とのやりとりの記録は、PCやスマホなどにたくさん残ります。

通話やメール、LINEなどの履歴を調べて、おかしな点があるものを探し出してみましょう。
ほかにも、クレジットカードの明細や交通系ICカード、GPSの履歴などからも、状況証拠を積み上げていくことができます。

なかには、肉体関係を示す写真や動画を残している場合もあるので、決定的証拠となります。

ただし、他人のPCやスマホに勝手にアクセスすることはプライバシーの侵害となるので、十分慎重に行ってください。
それでも、民事裁判では証拠として認められることがほとんどです。

証拠を突きつけるときは手順も大事

浮気を証明できる証拠が集まったら、いよいよ浮気を自白させます。

ただし、いきなり証拠を突きつけるやり方はよくありません。
下手をすると相手が逆ギレして、暴力沙汰にもなりかねないからです。

浮気を自白させるには、できるだけ相手からすすんで非を認める形に進めていくことが大切になります。

揺さぶりをかける

まずは、浮気についてそれとなく揺さぶりをかけてみましょう。

いきなり真正面から切り出すと、言い訳を考えようとしたり、何もしゃべらずに黙秘してしまう可能性もあります。
揺さぶりとしては、芸能人や知人の浮気の話題を挙げるのもひとつの手です。

あるいは、最近帰りが遅くなった、趣味が変わった気がする、友人が○○で見かけたと言っている、などとかまをかけます。
そこで相手が動揺を見せたり、その後に行動を変化させたりすることがあれば、浮気の疑いは濃厚となります。

人によっては、この段階であきらめて浮気を自白させることもできます。

浮気のことをたずねる

相手が浮気をしている確証が得られたら、率直に浮気についてたずねてみましょう。

ただし、あくまで冷静をよそおって、落ち着いた口調で切り出すことがポイントです。
最初から問い詰めるような言い方だと、相手にプレッシャーをかけて、かえって口をとざすきっかけになってしまいます。

今打ち明ければ許されそうだ、ぐらいの雰囲気を出しておくことが大事です。
3日後までに本当のことを言ってほしい、などとリミットをもうけておくのも効果的です。

ただし、この時点で離婚や慰謝料などを要求するつもりはない、と口に出して言うことは避けてください。
それが、のちのち裁判で不利な条件になることもあるからです。

的証拠を突きつける

この段階になっても、まだ浮気を認めようとしないケースも数多くあるでしょう。

そのようなときは、さらに話を具体的に進めていきましょう。
まずは、調べているかぎり、浮気相手の名前や職業、住所などの情報を出していきます。

これだけでも、相手を十分に動揺させることができるでしょう。
さらに言い訳をかさねたときには、それと矛盾するような証拠をひとつずつ突きつけていってください。

こうして、確実に言い逃れできないようにして、最終的に自白させるところまで持っていきます。

浮気を自白させるときの注意点

浮気を自白させるときには、証拠集め以外にも以下のような点に注意しておきましょう。

着地点をあらかじめ決めておく

とにかく浮気を自白させることばかりに目が行っていると、最終的にどの着地点を目ざしているか分からなくなってしまいます。

たとえば、そのあとでまた関係を修復したいのか?
あるいは、離婚にまで話を進めていきたいのか?

もしも相手とやりなおしたいと考えているのであれば、一度自白したらそれ以上は証拠を突きつけるのはやめましょう。

やりすぎると、感情がこじれて関係が修復できなくなってしまう場合があります。
逆に、すぐにでも離婚したいと考えているなら、多少証拠がそろっていなくても、早めに話し合っておくのもひとつの方法です。

離婚を前提としている場合には、弁護士に相談しておくのもよいでしょう。

自白を記録しておく

浮気を自白させることに成功したら、それを音声や書面で記録すること忘れないでください。

そうしておかないと、あとから前言をひるがえしたり、反省せずに浮気を繰り返したりするケースも少なくありません。
しっかりと記録に残して、第三者も確認できるようにしておきましょう。

そのさいには、浮気相手が誰で、どれだけの期間、どのような場所で会ったのかなど、内容についてもくわしく記録しておきます。
書面の場合は、署名と捺印もしてもらいましょう。

離婚などに話が進む場合には、これらの記録が重要な記録にもなります。

浮気を自白させる証拠集めはプロにまかせよう

浮気を問い詰めるということは、自分にとっても相手にとっても、とても大きなプレッシャーがかかるものです。

あらかじめ証拠をそろえておけば、そのダメージを最低限におさえて、よりスムーズに話を進めていくことができます。
慰謝料や親権を決めるさいにも重要な証拠となるので、かならず記録として残しておくようにしましょう。

とはいえ、確実な証拠を集めるには、それなりのお金や労力がかかるものです。
素人には難しい面もあるので、探偵事務所などのプロにまかせるのがもっともおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました